打撲/ねん挫/肉離れのケア

一般的にケガをしたら冷やすと思います。

 

しかし、ただ単純に冷やすとダメージを深部に閉じ込め、 ’古傷’ にしてしまうことがあります。

 

古傷は、

・パフォーマンスの低下

・新たな傷のもとになる など

やっかいな問題を引き起こします。

 

鍼灸は、ダメージを浮かせながらケアするので古傷になりにくいです。

 

’従来ケア’ と ’鍼灸ケア’ の違いを図にまとめました。是非、ご覧ください。


コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。